FWX120 & RT-AC68U 設定してみた(その6)

新しい無線LANの環境が整ったので、既設ブロードバンドルーターの設定を変更して、不要な機能を停止します。

 

ルーターの設定画面にログインします。

コミュファのレンタルルータは Aterm ですが、WH832Aという型番は市販されていません。
コミュファ専用モデルでして、画像の右上に表示されているように、ユーザーの設定が完了した状態で納品されます。

次の画像のように、WANの接続先設定ではコミュファ以外に設定することはできなくなっています。

サポートの回答がブロードバンドルーターの交換はしないでくださいというのですから、このまま使うことにします。

無線LANの機能をOFFにします。

ついでにDHCPの機能をOFFにします。

DHCPは YAMAHA FWX120 に移行しますので、FWX120を設定する前にOFFにしておきます。
以上でブロードバンドルーターの設定は完了です。
最後にFWX120を透過型ファイアウォールとして設定します。

 

FWX120 & RT-AC68U 設定してみた(その7)へつづく

カテゴリー: セキュリティ, ネットワーク, 使ってみた パーマリンク