ムームードメイン + ロリポップ!レンタルサーバー で WordPress を立ち上げるまでの手順(その3)

最終回は、WordPressの初期セットアップについて説明いたします。

 ↓スミマセン 目次プラグインを入れていないのでリンクしません。

  1. ムームードメインで独自ドメインを取得
    1. ムームーID新規登録
    2. ドメインの種類と価格の確認
    3. 独自ドメイン取得
    4. ロリポップ!レンタルサーバーに同時申し込み
    5. ムームーDNSのセットアップ
    6. ドメイン情報認証
  2. ロリポップ!レンタルサーバーのセットアップ
    1. 申し込み完了メール確認
    2. 専用ページへログイン
    3. メールアドレス作成
    4. メール設定確認
    5. 無料独自SSL設定
    6. 契約プラン変更
    7. 支払い情報登録
    8. クレジットカード登録
    9. 自動更新設定
    10. WordPressインストール
  3. WordPressセットアップ  (←今回はココ)
    1. サイト接続確認
    2. 管理者ページ接続確認
    3. ログイン
    4. SSL設定
    5. SSL接続確認

3.WordPressセットアップ

3-1.サイト接続確認

前の手順で控えておいた、「サイトURL」と「管理者ページURL」に接続できるか確認します。
ブラウザのアドレス欄に「サイトURL」を入力するか、コピーアンドペーストして移動します。
初期設定ページの「Hello world!」が表示されたら正常です。
SSL設定をしていないので、「保護されていない通信」等の表示がされます。


3-2.管理者ページ接続確認

続いてブラウザのアドレス欄に「管理者ページURL」を入力するか、コピーアンドペーストして移動します。

ログイン画面が表示されたら正常です。
SSL設定をしていないので、「保護されていない通信」等の表示がされます。


3-3.ログイン

WordPress簡単インストールの際に入力した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

WordPressの管理画面「ダッシュボード」が表示されたら正常です。


3-4.SSL設定

左側メニューから「設定」を選択します。
「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」を書き換えます。

「http://」の部分に、sを追加し 「https://」にし て変更します。

最後に画面下部にある、「変更を保存」をクリックします。

控えておいた、「サイトURL」と「管理者ページURL」も修正してください。


3-5.SSL接続確認

修正した、「サイトURL」に接続できるか確認します。
ブラウザのアドレス欄に修正した「サイトURL」を入力するか、コピーアンドペーストして移動します。

SSL設定前は、「保護されていない通信」等の表示がされていましたが、「鍵マーク」等に替わっていれば正常です。

続いてブラウザのアドレス欄に、修正した「管理者ページURL」を入力するか、コピーアンドペーストして移動します。

こちらもSSL設定前は、「保護されていない通信」等の表示がされていましたが、「鍵マーク」等に替わっていれば正常です。

以上で、WordPressの公開準備が完了しました。


ここまでの作業で、独自ドメインによるホームページを公開する土台が組みあがりました。

以後、レンタルサーバーの操作は、メールアカウントを追加する時くらいしか無いと思います。

この後いよいよWordPressの構築が始まりますが、やり出すとドップリハマってしまうと思います。

WordPressについては、詳しいサイトに情報が溢れていますので、いろいろと調べてみてください。

カテゴリー: レンタルサーバー, 使ってみた パーマリンク