Microsoft

Microsoft

Office365を独自ドメインに紐付け(カスタムドメインの設定)してみました(ConoHa WINGのネームサーバーを利用する方法)

Office365を独自ドメインで運用する記事を書いているわけですが、なんとも悪いタイミングでやらかしてくれました。 Microsoftさん 頼んますわ、、、 「Office 365 は 4 月 22 日から Microsoft 365 になります。」 だそうです。 さすが 飽きさせませんねぇ。。。 まぁ 気を取り直して、、、 今回は、Office365を独自ドメインに紐付けるいくつかのパターンについて、1つのケースを想定します。  条件1. ドメインのレジストラに ”ConoHa WING” を契約     (その他のレジストラからネームサーバーを ”ConoHa WING” に委任しても同じです)  条件2. レンタルサーバーに “ConoHa WING” を契約  条件3. ”ConoHa WING” でホームページを公開  条件4. メールは Office365 を利用する メールはレンタルサーバーで運用したいと考える方がいらっしゃいますが、運用が煩雑になってしまうのでおすすめしません。 また、Office 365 ユーザーは Outlook を利用して、その他のユーザー...
2020.07.25
Microsoft

Office365を独自ドメインに紐付け(カスタムドメインの設定)してみました(ムームードメインのネームサーバーを利用する方法)

Office365を独自ドメインで運用する記事を書いているわけですが、なんとも悪いタイミングでやらかしてくれました。 Microsoftさん 頼んますわ、、、 「Office 365 は 4 月 22 日から Microsoft 365 になります。」 だそうです。 さすが 飽きさせませんねぇ。。。   まぁ 気を取り直して、、、 今回は、Office365を独自ドメインに紐付けるいくつかのパターンについて、1つのケースを想定します。  条件1. ドメインのレジストラに ”ムームードメイン” を契約  条件2. レンタルサーバーに "ロリポップ!" を契約  条件3. "ロリポップ!" でホームページを公開  条件4. メールは Office365 を利用する メールはレンタルサーバーで運用したいと考える方がいらっしゃいますが、運用が煩雑になってしまうのでおすすめしません。 Office365 Admin で カスタムドメインを設定 Office365にログインします。 その際のアカウントは、*@*.onmicrosft.com を使用するか、管理者権限のあるアカウント...
Microsoft

Office365を独自ドメインに紐付け(カスタムドメインの設定)してみました(Microsoftのネームサーバーを利用する方法)

ずいぶん昔に、Office365を独自ドメインに紐付け(カスタムドメインの設定)した記事を書きましたが、時間が経過していることと、複数のパターンが存在するので、新たに書き直します。 今回の方法は、”Microsoftのネームサーバーを利用する方法” になります。 既に運用しているドメインとは別に、Office365専用のドメインを取得して、ネームサーバーをMicrosoftに委任するという方法になります。 既存のドメインにこの方法で設定すると、即刻ホームページやメールが接続できなくなりますので、ご注意ください。 ”Microsoftのネームサーバーを利用する方法” であれば、レンタルサーバーの契約は必要ありません。 よって、SRVレコードの設定が出来るかどうか、確認する必要もありません。 一番簡単な方法です。 懸念事項としては、ホームページのドメインと、メールアカウントのドメインが異なってしまいますので、スマートに運用する工夫が必要です。(そのようなケースは多々ありますので、たいした問題ではないと思いますが) メールはレンタルサーバーで運用したいと考える方がいらっしゃいますが、運用が...
Microsoft

Office365を独自ドメインに紐付けしてみました

アクションパックを購入した最大の目的はOffice365です。 Office365でもE3ですから、これだけでももとが取れてしまう計算になります。 Office365を始めると、×××@×××.onmicrosoft.com というアカウントを作成して利用することになりますが、カッコよくありません。 既にドメインを所有している場合は、独自ドメインを使えるので紐付けしてみました。 以下手順をレポートします。 Office365の管理画面と、ドメインの管理画面とを行ったり来たりしますので、IEでOffice365を操作し、Chromeでドメインを操作するなど、2つのブラウザを使い分けると作業効率がよくなります。 まずは、Office365へログインして、「管理」アイコンをクリックします。 蛇足ですが、Office365のサービスを活用する場合は、必ずと言って良いほどこの画面から操作・設定を行います。 クライアントアプリから思い通りにならない時は、この管理画面を弄って下さい。 Office365サービスに登録しただけでは、”Office365のセ...
2018.05.04
Microsoft

超お得 マイクロソフト アクションパック

マイクロソフト アクションパック をご存知でしょうか? この業界の人でも知らない方が多いのですが、フザけたくらいにお得なサービスですので、使わない理由はありません。 登録までの手順をご紹介いたしますので、検討してみてはいかがでしょうか。 ただ、誰でも利用できるわけではありませんので、ご注意下さい。 とはいえ、ほとんど誰でもな気がしますが・・・ 条件は以下の通り 1.マイクロソフト アカウントの取得 2.マイクロソフト パートナー メンバーシップへの登録 3.次の4タイプのいずれかに該当すること(2番目と3番目って大概当てはまるんじゃないでしょうか) ・IPとソリューション開発 ・コンサルティングと展開 ・リセラーと流通会社 ・管理ソリューションとホスト型ソリューション まずは、マイクロソフトアカウントの取得から ※マイクロソフトのサイトデザインはコロコロ変わるので、古くて一致しない場合はご了承下さい。 ”マイクロソフトアカウント”でググると、「Microsoftアカウント ホーム」がヒットしますので、そちらにアクセス。 ...
2018.05.04