小型家電リサイクルで東京オリンピックに参加しましょう!

みんなのメダルプロジェクトをご存知でしょうか?

以下、プロジェクトの趣旨を 東京2020 公式ホームページ から引用します。

あなたの携帯電話・パソコン・デジタルカメラ等がメダルに生まれ変わります!
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020大会で使用するメダルについて、みなさまがお持ちの使用済み携帯電話等の小型家電から製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を実施しています。
このプロジェクトを通じて、オリンピック・パラリンピック合わせて金・銀・銅あわせて約5,000個のメダルを製作する予定です。

オリンピック・パラリンピック史上初の取り組み!リサイクル率100%を目指します!
このプロジェクトは、日本全国の国民が参加してメダル製作を行う国民参画形式により実施します。また、リサイクル金属をメダル製作に活用することで環境に配慮し、日本のテクノロジー技術を駆使することで、金の精錬におけるリサイクル率100%を目指します。過去にもメダルの原材料の一部としてリサイクル金属が含まれた例はありましたが、国民が参画し、メダル製作を目的に小型家電の回収を行い、集まったものから抽出された金属でメダルの製作を行うプロジェクトは、オリンピック・パラリンピック史上、東京2020大会が初めてとなります。

詳しい情報は下記のキーワードでググっていただくか、URLをコピペしてご確認ください。

日本にしか、作れないメダルを。 都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

http://www.toshi-kouzan.jp/

 

まずは、このプロジェクトは何か?、何を回収しているか?、どこで回収しているか? をご確認ください。

一応回収対象は、「小型家電リサイクル対象品目(28品目) 」となってはいるのですが、4種類(ボックス回収、宅配回収、拠点回収、ピックアップ回収)ある回収方法のうち最もお手軽なボックス回収では、携帯電話・スマートフォンと携帯・スマホと同じくらいの大きさのもの(デジカメ等)しか回収できませんのでご注意ください。

例えば名古屋市の場合ですと、名古屋市としてこのプロジェクトに参加しており、以前紹介した黄色い「小型家電回収ボックス」に投入すれば回収業者によって分別されるようです。

普段から「小型家電回収ボックス」を利用されている方は、プロジェクトの期間は金銀銅が多く含まれていそうなものを投入すると良いかもしれません。

 

私は、目覚まし時計代わりに活躍していたPHSがあったのですが、折角の機会ですので金メダルに貢献してきました。

みんなのメダルプロジェクト回収ボックス

 

使わない携帯・スマホが転がっている方は、一部郵便局やドコモショップでも回収していますので、この際有効に処分してはいかがでしょうか。

ドコモショップだからといって、ドコモ限定ではなく、全キャリア・全メーカーを回収してくれますのでご安心ください。

カテゴリー: eco, リサイクル パーマリンク