FWX120 & RT-AC68U 設定してみた(その1)

SOHOの皆様 セキュリティ対策はされてますか?

ファイアウォールを導入したので、レポートします。

今回のパターンは以下の条件に該当すれば参考になると思います。

条件1.

固定IPではなく、プロバイダから貸し出される動的IPを利用している。

条件2.

ブロードバンドルーターはプロバイダからレンタルしており、自分で機種を変更できない。
私の場合、コミュファ光(戸建住宅)を利用しいますが、サポートに確認したところ、ブロードバンドルーターの変更はしないでくださいとの回答でした。これは技術的に可能か不可能かという問題ではなくサポートの都合だと思います。
コミュファ以外では、ブロードバンドルーターをホームゲートウェイと呼んで、ネット+電話+テレビ等を集約している場合もありますので、この場合は物理的に変更が効かないかも知れません。

条件3.

自社サーバーを公開していない

まとめますと、”自宅件事務所でインターネット接続環境は一般家庭レベル” の場合ですね。

 

常時10台以上のパソコンが稼働していたり、自社サーバーを公開しているようでしたら、もっとキチンとした構成をおすすめします。
FotiGateDELL SonicWALL?あたりがおすすめです。
ただし、費用が一桁上がるのと、年間のランニングコストが発生しますので、それなりの覚悟が必要となります。

 

>既存構成の問題点<
図のようにレンタル品のブロードバンドルーター1つで全機能を賄っています。

このブロードバンドルーターが高性能なら問題ないのですが、量販店で売られている数千円程度の製品なので困ります。
さらにコミュファの公式回答では、この機器を変更してはならぬ!という点です。
※機能としてDNSが漏れていました。

 

>対策<
策1.
既存の構成を変更することなくセキュリティを追加する。

策2.
ブロードバンドルーターの機能を極力停止してやり、動作を軽くする。

 

>結論<

「透過型ファイアウォール」と「ワイアレスアクセスポイント」の導入となりました。

その結果、図のような構成に変更します。

 

選定した製品は次の2製品

透過型ファイアウォール: YAMAHA FWX120
ワイヤレスアクセスポイント: ASUS RT-AC68U (←後ほど設定の過程で機種選定ミスと気づく)

FWX120 & RT-AC68U 設定してみた(その2)へつづく

カテゴリー: セキュリティ, ネットワーク, 使ってみた パーマリンク