NAS

NAS

QNAP TS-453Be に 16GBメモリをさしてみました

最近立て続けに QNAP の TS-x53B シリーズの導入がありまして、何かの時用に自分も持ってた方がいいかなと思い、同シリーズ製品を買っておこうと思いました。 しかし、QNAPのNASシリーズの中には比較的お手頃価格の、TS-x53Beというシリーズがあります。 TS-x53B シリーズの下位という位置づけのようですが、小文字の”e”が付くか付かないかで何が違うのか非常にわかりにくいです。 色々調べた結果、個人的な結論は”一緒”となりました。 ということで、検証用の機種として、TS-453Be を調達しました。 反射して写っているのは今度納品するTS-453B 小文字の”e”が付くと、何が無いのか比較しておきます。 TS-453B に有って、TS-453Be に無いもの USB QuickAccess用 USB 3.0 Type-C ポート (要らない)SDXCカードリーダー (要らない)リモコン ※IRセンサーは付いている模様 (要らない)LCDディスプレイ/ボタン (要らない)静電容量タッチボタン (要らない) 余計なもの...
NAS

SynologyのNAS DiskStation DS218play をセットアップしてみました

以前QNAPのNASについて紹介させていただきましたが、ようやくSynologyの製品を使う機会に恵まれましたので、Valueシリーズの 「DiskStation DS218play」について、初期セットアップまでの操作手順について紹介させていただきます。 Synologyは初心者向きだとか、わかりやいとか言った評判をよく目にしますが、噂に違わず日本語のマニュアルが整備されています。ただし、製品には付属していないので、自力でメーカーのダウンロードセンターから入手する必要があります。初期設定の前に必ず一読しておくことを強くオススメします。 まずはハードウェアについてですが、QNAPの場合先に電源を入れてから設定画面の指示に従ってハードディスクをインストールしましたが、今回テストするSynology のDiskStation DS218Playはホットスワップ未対応ですので、電源を入れる前にハードディスクをインストールする必要があります。 初期設定はブラウザから行いますので、DS218Playを設定用のパソコンと同一LANに接続します。ルーターがDHCPサーバーでしたら...
2019.06.03
NAS

QNAPのNASをクラウドストレージと連携させてみました

QNAPのNASに保存したデータをクラウドストレージと連携して、同期やバックアップが出来るアプリがあります。 3種類あってわかりにくいのですが、違いを簡単に説明すると、 1. Connect to Cloud Drive 使いどころが難しく、あまり役に立たない 連携できるサービス:OneDrive/OneDrive for Business/Google Drive/Dropbox/Amazon Drive/Yandex Disk/Box/HiDrive/ShareFile その他のプロトコル:CIFS/SMB/FTP/WebDAV 2. Cloud Drive Sync 古いアプリで連携できるクラウドストレージが少ないが、同期に特化していてわかりやすい 連携できるサービス:OneDrive/OneDrive for Business/Google Drive/Dropbox/hubiC 3. Hybrid Backup Sync バックアップ・同期をするためのメインアプリだが、バックアップと同期の違いを理解していないとわかりにくい 連携できるサー...
2018.09.16
NAS

QNAPのNASにWordPressをインストールしてみました

QNAPのNASは、色々なアプリケーションが用意されていて、全部試してみたいのですが、使い方がわからないので、うかつに手が出せないものが多いと思います。 そんな中でも”WordPress”は身元がはっきりしていて、使っている方には馴染みやすいアプリではないでしょうか。 ということで今回は、QNAPのNASにWordPressをインストールしてみました。 まずはNASにログインして「App Center」を起動します。 「App Center」から必要なアプリをインストールしていきますが、まずは下準備ですので、インストールの順番は関係ありません。 カテゴリー「コンテンツ管理」の中から「WordPress」のインストールボタンをクリックします。 インストールが完了したら、一旦「App Center」を閉じて、アイコンが追加されていることを確認します。 この確認で順は無駄ですので、連続して次のアプリのインストールに進んでも構いません。 再度「App Center」を起動して、カテゴ...
NAS

QNAPのNASにインストールしたSurveillance Stationに監視カメラライセンスを追加してみました

前回は、QNAPのTS-231PにSurveillance Stationをインストールしてネットワークカメラを1台登録しました。 2ライセンスは無料で付属しています。 ライセンスが足りない場合に追加する手順をご紹介します。 ライセンス管理 画面の中に、”ステップ1:ライセンスストア: リンク(省略)” とありますので リンクを辿って購入ページへ移動します。 1ライセンスから購入でき、まとめ買いは15ライセンスまで可能です。 まとめて買ったからといって割引されるわけではないので、半端がでないように購入数に気をつけましょう。 カメラチャンネル購入数を決定したら、チェックアウトボタンをクリックします。 ここからはキャプチャしていませんが、まずはQNAPアカウントを作成します。 ライセンス番号は、メール添付で暗号化ZIP圧縮ファイルが送られてくるので、アカウント情報の中に、解凍用のパスワードを入力する欄がありますが、覚えておきましょう。(後から確認することも出来ます) 決済はPayPalのみでドル建てですが、...
2018.05.04
NAS

QNAPのNASにSurveillance Stationをインストールして監視カメラのレコーダーにしてみました

監視カメラの録画装置って、お高いですよね。 監視カメラを選ぶ際に、IPネットワークカメラを検討しているならば、QNAPのNASがおすすめです。 注)同軸ケーブルを利用した監視カメラは録画できませんのでご注意ください。 海外製のNAS製品は ”Synology” ”NETGEAR” ”ASUSTOR” と選択肢が増えて喜ばしい限りです。 この中ならどこを選んでも間違いありません。各社の違いは本当にコアな部分で差別化を行っているので、普通は気にしなくて良いと思います。どれを選ぶかは出会い(ご縁)に任せたら良いのではないでしょうか。 欠点は、製品ラインナップが多すぎて初物買いの場合は最初のハードルが高いことと、自分でハードディスクを組み込んで初期設定を行う必要があることです。 NASなんて電源入れた後は放置だろが! という方には国内製品をおすすめします。 しかし、今時のNASはただのハードディクスではありません。 馬鹿にできないほど高機能なサーバーと理解したほうが正しいと思います。 今回は実際に提案する必要があったので、”QNAP...
2018.09.03